不動産投資におけるコストとは

写真素材:成績

不動産投資におけるコストとは大きく分類していくつかあります。

管理料

会社によって間違いですが、ソソグー不動産では賃借人からの回収金額×2%〜5%が基準です。

 

退去時の原状回 費用

数年に一度、2万円〜8万円程度のコストをお考え下さい。

 

募集費用

募集広告にかかる費用は一般的には不要ですが、入居が決まった際の成功報酬としてお家賃の1ヶ月〜3ヶ月程度の費用がかかることが多いです。

 

突発的な費用(建物設備)

給排水設備や電気設備の劣化がおもな項目として挙がってくると思います。
ただしどの設備も数年から数十年以上にわたって交換や修理が必要になりますので、毎月なにか発生するかというと築50年のアパートですら1年間なにも無いこともあります。

 

突発的な費用は保険でまかなう

保険で適用できることも多く、築年数が古いことで懸念されている場合は、想像以上に保険でまかなえることに多くのオーナーからお喜びいただいています。

上記のように一概に固定でかからない要素がおおくだと言われることもおおいです。

しかしながら不動産投資は運試しではありませんので、あらかじめ購入時に想定されるコストはお伝えします。

ですので当社では計画していた事業計画が大幅に計画がくるったなどということはほぼありません。
「ほぼ」といいますのも、たまたま設備の劣化が続いたり、退去が一斉に出てしまうことが実際の事例で確認されています。

このときに大切なのが、このイレギュラーさえなければ元通りの収支で経営ができていくかどうかです。

不動産投資に同じものは一つとしてないため、事業計画は良いことだけでなく悪いことも想定したものにしましょう。