マンション投資!専用庭のある物件に注目☆

マンションの1階にある「専用庭がある物件」の人気が高まっています。
専用の庭では、家族とおうち時間を楽しむことができます。また、趣味の活動が広がりますので、長く家にいても飽きることはないでしょう。そこで今回は、専用庭のある物件の魅力と不動産投資について考えます。

1. 専用庭のあるマンションが人気!

コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたため、おうち時間を楽しむことのできる物件が注目されています。そんな中で、専用庭のある物件の人気が出ているんです。マンションで暮らしながら、ちょっとした自然と触れ合うことができますし、子どもの遊び場を確保できるのも人気の一つです。
かつては、多くの分譲マンションで“1階部分”は、住居としてはあまり利用されていませんでした。テナントとしてお店が入居していたり、エントランス、駐車場や駐輪場などの共用部分として使用されたり、住居ではない用途とされることが多かったのです。ところが、近頃は、専用の庭があってそこから出入りもできるような、1階ならではの魅力を持つ物件が増えています。

2. 専用庭の用途

専用庭での楽しみ方はたくさんあります。例えば・・・

・ガーデニングができる
・子どもの遊び場になる
・専用庭でお茶や食事を楽しめる
・洗濯物を思う存分干せる
・屋外に収納ボックスを置ける・・・などなど。

マンションに住みながら、庭での楽しみがあるのはとても魅力的ですね。専用庭がある物件には、マンションの規約等により設定された使用料(月に数百円ほどの支払いが多い)を負担する必要があります。また、「ペットを庭に出してはいけない」「大規模修繕時には、庭にある荷物は移動する必要がある」などの各マンションの規約に従う必要がありますので、それらの事項を事前に把握しておくと安心です。

2. 投資にもおすすめの理由

(1) 希少価値が高い

専有庭のあるお部屋は1階にしか設定できないため、マンションの総戸数からの割合をみると、専有庭のある物件数は少なくなります。さらに、すべてのマンションに専用庭があるわけではありませんので、希少価値が高く、価値のある物件だといえます。リモートワークが推奨される昨今、庭のあるお部屋で暮らしたいと思う人が増えれば、需要もさらに高まります。物件を売りに出す時にも、値崩れを起こしにくい物件であるといえるでしょう。

(2) 人気が高くて需要が多い

専有庭のある物件は人気があり、多くの層から注目される物件ですが、小さいお子さんのいるファミリー層には特におすすめの物件です。ファミリー層の動向としては、まずは賃貸住宅として住み始めることが多いです。結婚してから新居を購入するまでの数年間、同じ物件に住み続けることが多く、お子さんの誕生を経て、幼稚園入園や小学校入学を機に新居を購入する場合が多いです。良い新居が見つかる(あるいは、新築を建てる)までは住み続けてもらえるので、安定した家賃収入が期待できますね。専用庭がある物件は数が多くありませんので、退去されても、次の借り手もすぐに見つかるでしょう。

3. まとめ

専用庭がある物件は、首都圏郊外をはじめ、福岡市や札幌市などの地方都市に、徐々に増えてきています。
マンション投資の際、気になるのは空室期間ですよね。数ある賃貸物件から、需要・魅力の高い物件をうまく選んで投資する必要があります。専用庭は、子どもが外で遊べたり、ガーデニングや家庭菜園をしたり、おうち時間を楽しむことができるので需要・魅力の高い物件といえるのではないでしょうか。

miya otani

コメントする