2020年6月8日(月)

不動産投資を始める時に知っておきたい物件管理の方法とは!

投資用の不動産物件の運用を始める時には、物件を管理する方法を知っておくことが大切です。今回は、効率的な不動産物件の管理を行うための情報をお伝えします。

1. 不動産会社が行う管理業務

(1)入居者に対して行われる業務
物件に入居してくれる入居者を募集して、審査を行います。入居後には、賃料を回収したり、契約を更新したりと入居者に対しての集金業務なども代行します。また、居住中のクレーム処理や事故が発生した時の対応をオーナーの代わりに対応します。

(2)物件に関して行われる業務
定期的な物件の管理業務を代行します。例えば、物件の清掃業務、退去後の室内クリーニングなどで、室内や建物を快適に使用できるような対応が行われます。また、建物を健全に保つための定期的な修繕工事に関しても、修繕計画の提案や実施の対応をしています。

2. 不動産物件の管理者とその方法

(1)オーナー自身での管理
オーナー自身で自己管理をしている物件もあります。この方法は、入居者の募集・手続きから退去後の清掃まで、オーナー自身が行う必要がありますが、賃貸経営を専業としているオーナーにとっては、運営コストの節約が実現できます。

オーナー自身で管理する際には、物件の管理には大変な労力を要することや不動産物件の管理についてのノウハウが必要ですので、物件の管理には大変な労力が必要になります。このような点から、副業で不動産投資を行っている方には、難しい管理方法かもしれません。

(2)不動産会社での物件管理
不動産会社による物件管理は、多くのオーナーが取り入れている方法です。管理に対する費用を支払うことで、それに見合ったサービスが提供されます。代行して、賃貸人を探してくれるだけでなく、その後の対応や物件に関する管理なども代行してもらえます。また、オーナーが、対応できそうなことは、管理のリストに入れないなど、契約内容のカスタマイズをすることもできます。オーナー自身で物件のメンテナンスなどを手配することなどで、コストを削減することができるのも魅力です。

不動産会社に管理を委託するときには、入居者を積極的に見つけてくれることや空室にならず、退去率が低くなるような満足度の高いサポート。また、しっかりした定期的な清掃の対応などをしてくれる会社を選ぶと、効率的な不動産投資を行うことができるでしょう。オーナーや賃貸者のために、誠意的に動いてくれる不動産会社に管理をお任せすると良いですね。

(3)不動産会社のサブリースを利用
不動産物件が、空室になっていると収益は入ってこないものですが、サブリースを利用すれば、入居者が居住していなくても収益を得られます。このサブリースは、一括借り上げとも呼ばれていて、満室時の家賃の80-90%ほどで借り上げてくれるシステムです。
サブリースを利用したときのオーナー側のメリットは、空室による無収入状態を気にする必要がないので収入が安定すること、賃貸者を探すための手間がかからないなど。管理はすべて不動産会社にお任せですので、不動産運用に時間を割くことが難しいオーナーなどに適したシステムだといえます。

まとめ

このように、不動産投資を始める時には、取得した物件の管理方法を考える必要があります。オーナー自身の生活スタイルや不動産投資への関わり方を見極めて、適切な方法を選ぶことが大切ですね。

コメントを残す