新しい不動産投資!フリーランスやテレワークのためのシェアオフィス

「シェアオフィス」という言葉をご存知でしょうか?
シェアオフィスには、オフィスの基本的な設備が整っているため、大変便利なワークスペースとして人気が出ています。今回は、そんなシェアオフィスへの不動産投資についてご紹介します。

1. シェアオフィスとは

シャアオフィスとは、ワークスペースやミーティングスペースなどをレンタルして、他の利用者と共にシェアするオフィスの活用方法です。
ワーキングスペースを専有して使用する場合や、フリーの空いているスペースをその都度使用する場合があります。

利用するのは、IT関連の少人数編成のスタートアップ企業や、フリーランスの方が中心です。
最近では、テレワークを行うオフィスワーカーの利用も増えています。そして、シェアオフィスの需要が上がっていることから、不動産投資としても注目されています。

2. シェアオフィス開設の準備

1)物件を決める

まずは、シェアオフィスを開設するための物件を決めます。
ビジネスの中心地や住宅街など、人が多く行き交う場所に注目して、物件を選ぶと良いでしょう。
投資先としてお得感があるのは、築戸のオフィスビルやマンションの一室です。たとえ、建物が古いとしても、立地が良ければ、オフィスとしての利用価値は大きくなります。首都圏や地方都市などのビジネスの中心となるエリアに開設することがおすすめです。

2)シェアオフィスの準備

オフィスとして利用するためには、水廻りや電気設備の他に、ネット環境も整えておくと良いでしょう。
オフィスとして利用する場合のほとんどがWifiでのネット利用を伴います。ネット環境が整っているからこそ、フリーランスやテレワークが成り立つといっても過言ではありません。
シェアオフィスの利用料にWifiの利用料も含めた料金形態にすれば、利用者の利便性も上がり集客率もアップします。さらに、複合コピー機やフリードリンクコーナーなどを設置するのも、利用者に喜ばれるポイントとなるでしょう。

3. まとめ

フリーランスやテレワークは自宅で行うことも可能ですが、仕事に集中しにくい環境になってしまう場合があります。
プライベートと混同してしまったり、家族や子供がいる場合だと、更に自宅で仕事をするのが難しくなります。
もしも自宅の近くにシェアオフィスがあれば、そんな悩みをもつ方々にとって重宝されるのではないでしょうか。

昨今では、ウイルスなどの情勢もありリモートでの仕事形態が増えています。
これから不動産投資を始める方も、今不動産を所有していて空室がある方も、フリーランスやテレワークをする方に向けて「シェアオフィス」として開設してみるのもいいかもしれませんね。

miya otani

コメントする