2019年3月2日(土)

悪質な勧誘に注意!不動産投資を始めるなら勧誘の手口に乗らないようにしよう

写真素材:悩み

これから不動産投資を始めるにあたり、『不動産投資を始めてみませんか?』などの勧誘を受けたことはありませんか?

実はそれが、不動産投資に関する悪質な勧誘の可能性もあるので、悪質な勧誘なのか、真面目な勧誘なのかを見極める必要性があります。

悪質な勧誘の手口を知っていれば、いざ不動産投資を始める時に安心して物件を選ぶことができますので、今回は不動産投資の悪質な勧誘についてご説明します。

【悪質な勧誘を見極めるにはどうすればいい?】

当然ながら、不動産投資の勧誘は悪質なものばかりではありません。
中には至極真っ当な勧誘を行ってくる業者も存在するので、悪質な勧誘を見極めづらいというのが本音だと言えます。

しかし、悪質な勧誘を見極める手段は確かにあります。

一つは、一度勧誘を断ったにもかかわらず、しつこく勧誘を行ってくるかどうかです。
向こうは何としてでも契約をさせたいため、相手がどんなに断ろうとしてもしつこく勧誘してくるのが特徴です。
自宅のみならず会社などにもしつこく電話をかけてきて、こちらが根負けするのを待っていたりします。

根負けして契約する旨を伝えると、相手が指定してきた場所でどこにも逃げられないようにされ、半強制的に契約をさせてくるのが悪質な業者の手口です。
こうして契約して手に入れた物件は、何一つメリットがないような不動産を掴まされてしまう可能性が高いです。

こうした質の悪い手口で契約を迫ってくるのが、悪質な勧誘の手口です。
とにかく、断ってもなお勧誘し続けてくる業者は、すぐに悪質な勧誘業者だと思いましょう。

【悪質な勧誘とまともな勧誘の違いは?】

まともな業者であれば、電話の内容によってこちらが不動産投資に何を求めているのかを判断し、こちらが不動産投資を行いたいと思わせてくれる提案をしてくれます。

また、契約する前に投資先となる物件がある現地へ行き、自分の目で物件を確認させてくれます。
本当に投資が上手くいきそうな物件なのか、実際に見てみないと契約するかどうか判断しにくいですからね。

本当に自分のためになることをさせてくれるのが、まともな業者です。
契約前には必ず自分が気になる点や不安要素を確認し、全てきちんと対応してくれる業者を選びましょう。

【まとめ】

ほとんどがまともな業者であるとはいえ、未だに悪質な手口で勧誘してくる不動産業者も存在します。
今回ご説明した点を考慮しながら、悪質な手口に引っかからないように注意しましょう。

コメントを残す