2018年10月28日(日)

不動産詐欺に注意!その手口とは

写真素材:お金:崩れる

大手不動産会社が数10億円単位の詐欺事件に巻き込まれたことからも分かるように、不動産詐欺は手口が巧妙で内容が専門的なので、プロでも騙されるケースがあります。

優良な不動産であれば誰もが購入を検討するはずですから、まずはプロの不動産会社が手をつけるはずであり、簡単に一般の方が手を出せるはずがありません。

一般の方々が騙されないようにするためには、詐欺の手口を知り、怪しい不動産には
近づかないことが対策となります。

今回は不動産詐欺の手口をまとめました。

不動産購入前に取るべき対策—現地視察—

インターネット上で不動産を探し始める人は少なくないでしょう。

「不動産一括サービス」など便利なシステムはインターネット上で推奨されていますから当然の行動と言えます。

しかし、本契約する前には必ず現地を確認して下さい。

なぜなら、建築基準法上、再建築不可の不動産があるからです。

例えば「4メートル以上の幅がある道路に2メートル以上接している」条件を満たしていなければ、一般的には建築不可とされています。

こうした重要事項は契約時の書類に必ず記載してりあるはずですが、不動産契約時の書類は量が多く初心者には難解な内容なので、ミスなく隅々まで読破することは至難の業です。

従って、不動産会社と一緒に現地を下見して替え可能かどうかなど、口頭でも条件を確認しておく必要があります。

この事例と同様、海外不動産などの様に現地確認ができない不動産をしてはいけません。

不動産購入前に取るべき対策—美味しい話に乗らない—

インターネットは便利なツールですから、土地の相場などを調べるには最適です。

しかし、インターネット上で格安物件を見つけた場合はむしろ注意すべきです。

相場より明らかに安い物件には安いなりの理由があるはずですし、架空の物件や既に契約済みの物件をネタにして集客しているだけかもしれません。

こうした行為は違法行為ではありますが手口が巧妙なので、事件に巻き込まれるまで分からない場合もあります。

適正価格と大きく異なる不動産を扱っている場合、すぐに「美味しい話に乗らない」ように注意した方が良いでしょう。

不動産購入前に取るべき対策—文書の偽造—

ここまで手の込んだ詐欺を図るには相当なリスクを背負うことになりますから、それ相応の見返りが必要でしょう。

高額な不動産の取引の際には十分に注意して下さい。

まとめ

不動産売買は経験が必要とされる難しい投資方法と言われてはいますが、まず重要なことは現地視察と不動産会社との密なコミュニケーションと言えるでしょう。

これは不動産に限らず、大きな契約や取引の際にはいつでも重要なことです。

信頼できる不動産会社を見つけるためには、焦らずゆっくり話し合う場を設けるようにしましょう。

コメントを残す