不動産投資をはじめるなら今はチャンス!?

写真素材:ヒント

低金利の世界は、不動産投資をはじめるチャンス!

不動産投資をはじめるために必要な資金は最低でも数百万円、価格の高い物件を購入するのであれば億を超えることもあります。
多くの人は自分の資金だけでは賄うことができないので、ローンを組むことになります。
銀行などの金融機関は、利子(金利)を付けてお金を貸し出しますが、当然、この金利が低ければ低いほど返済は楽になりますし、大きな金額を借りたときの返済の比率が変わってきます。

この貸し出しの基準となる「金利」が現在の日本経済では低くなっているのです。
「金利」は政府や日本銀行の金融政策によって上下しますが、長年低金利政策が続いており、過去100年間で見ても、これほど金利が低くなっている状況はありません。

低金利の今だからこそ、軽い負担でマンション経営をはじめることができるんです!

長期的に安定収入が得られるマンション経営

低金利政策の現在では、銀行にお金を預けても利子はわずかしか付かないものがほとんど。
投資信託や株式のような金融商品では、価格の変動リスクが大きく不安定です。

一方のマンション経営では、経済指標の上下で家賃額が変わるということはありません。
市場でいくら変動があったとしても、部屋に人が住み続けてくれる限り安定して収益を得ることができます。
※景気が良くなっても家賃は上がりにくいという側面ももっています。

さらに、今なら都心のマンションを1,000万円程度で購入しても毎年約10~40万円ほどの手取り収入を得ることが可能です。購入資金は借り入れで賄うことがほとんどなので、自己資金に対する運用効率はとても高くなります。

銀行や国債など他の投資と比べても、マンション経営は長期的に安定した収入を得ることができる投資方法だといえます。

まとめ

不動産投資は長期的な投資で、経営の側面をもっていますので時間がかかります。
始める時期が早ければ早いほど有利になります。

低金利となっている今がチャンスといえることはご説明しました。
まずは情報収集からでも良いので、思い立ったら行動に移してみましょう。