2019年12月26日(木)

早い人は20代から始めてる!若者にもおすすめの不動産投資のコツとは

不動産投資とは、マンションやアパートを購入して家賃収入を得たり、値段が上がったときに売却して差益を得たりする投資方法です。不動産投資は、一般的には“資金に余裕があり社会的にも安定した地位のある方がする”というイメージですよね。しかし、最近では将来の備えとして若い世代にも浸透しつつあります。今回は、20代ではじめる不動産投資について考えていきましょう。

1. 20代に不動産投資が良い理由

若いうちに少しでも資金を増やしておきたい場合は、長期的に資産運用を考えることのできる不動産投資がおすすめです。本業で働きながらできるというのも魅力の一つ。デイトレーダーのように即時的に対応する必要もなく、いちど物件を購入してしまえば時間的に拘束されることもありません。投資用物件を購入するためにローンを組む場合が多いのですが、返済期間も若い方がゆとりがもてますし、一括で払う必要はないので初期費用もそこまでかからず始めることができるんです。

2. どんな不動産物件を選ぶと良いの?

いざ不動産投資を始めようとしても、どんな物件を購入すればよいか分からない・・・。そんなときは、自分がその物件で生活するつもりで選んでみてください。自分が魅力的に感じる物件であれば、生活スタイルが似ている方に共感され、空室も埋まりやすくなります。
例えば、独身の方はシングルルームを。小さな子供がいる方は、キッチンやリビングが広くて部屋数の多い家族向け物件を。電車通勤で毎日電車を利用する方は、駅近の物件を。このように具体的な生活シーンをイメージすれば、投資したくなる物件が決まってきますね。

また、新しくて美しい新築物件に目がいきそうですが、不動産投資の初心者には中古物件がおすすめです。新築物件は、将来の値動きの幅を把握するのが難しくなります。また、新築物件にはご祝儀的な価格が上乗せされている場合が多く、年数の経過に伴い予想よりも多く価格が下がることがあるのです。
中古物件なら新築よりも手軽なお値段ですし、リノベーションで上手に運用することができれば可能性が広がります。
当社は中古物件に強く、リノベーション事業も行っていますので興味のある方はぜひお問合せくださいませ♪

3. 不動産投資で得られるメリット

若いうちから不動産投資をするメリットとは、何といっても副収入を得られることでしょう。本業で得られる賃金以外にも収入があれば、将来への備えや趣味などへ回せるお金が増えます。若い世代の平均的な賃金はそれほど高くはありませんが、自分のためだけに自由にお金を使えるのも若いうちだけ。これらの資金を使い、今のうちから不動産投資に挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す