家賃収入っていくらくらいもらえるの?

不動産投資で利益となるのが「家賃収入」です。
でも、家賃収入って具体的にどれくらいもらえるものなのか気になりますよね。
ここでは、家賃収入とは何か、いくらくらいもらえるのかについてお伝えします。

家賃収入とは

家賃収入とは、利益を目的として物件を他者に貸し出し、その対価として得られる収入のことです。
つまり、自分の所有している物件を人に貸して、入居者から家賃を受け取るということです。
この一連の流れを不動産投資と言います。
不動産投資で得られる家賃は、毎月定期的に支払われるので安定した収入になります。
けがや病気などで働けなくなっても収入を得る事ができるのです。

家賃収入でいくらもらえるのか

例えば、家賃月7万円の部屋を10部屋所有している場合、すべてに入居者がいれば毎月70万円の家賃収入になります。
これだけで十分な収入になりそうですが、この家賃収入のすべてが手元に残るわけではありません。
不動産を維持するための「必要経費」が必要なのです。

不動産投資で得られる所得「不動産所得」は、貸すことで得られる「収入金額」から「必要経費」を差し引いた金額になります。

①収入金額…家賃収入、礼金、更新料など
②必要経費…管理費用、修繕費用、修繕積立金など

計算式は、「不動産所得」=①-② です。

では、実際にはどれくらい手元に残るのでしょうか。

家賃月7万円の部屋を5部屋所有している場合で計算してみましょう。
【収入】
 家賃…4,200,000円
 礼金…60,000円
 更新料…60,000円

 収入合計…4,320,000円

【支出】
 管理費…360,000円
 修繕積立金…180,000円
 修繕費用…50,000円
 固定資産税…200,000円
 支払利息…782,596円
 減価償却費…2,280,000円
 
 支出合計…3,852,596円

【不動産所得】
 467,404円

このように、家賃7万円で5部屋貸し出した場合の不動産所得は467,404円となります。
不動産投資をするにあたり、家賃収入の全てが手元に残るわけではなく、管理費や修繕費など不動産を維持するための費用や固定資産税などの税金も必要になりますので、事前に理解しておきましょう。

まとめ

家賃収入を得ることができれば、働いて得た収入だけでなく+αの収入を得ることができます。
家賃収入を得るためにまずは不動産を購入する、つまり不動産投資を行う必要があります。
万一の時のために、老後の不安を解消するために、不動産投資をしてみたいと思ったらお気軽に当社へご相談ください。