買付証明書って?何を書けばいいの?

写真素材:記入

 

不動産の購入は、買付証明書を出すことから始まることが多いですが
この「買付証明書」とはどのようなものなのでしょうか?

買付証明書とは

買付証明書とは、不動産の購入希望者が売主に提出する書類のことです。

仲介業者によっては、書類の名前が「購入申込書」となっているところもありますが、買付証明書と購入申込書は同じものです。

どちらも買主が売主に対して不動産を購入する意思があることを伝える書面で、購入希望価格などが記入され、それを元に話し合いが開始されることになります。

買付証明書で契約が成立するの?

買付証明書は契約書を交わす前に用いられるもので、これを提出したからといって売買契約が結ばれるというわけではありません。

法律的には不動産の売買契約に必要な手続きではなく、売買契約書と違い、売主と買主の双方に権利や義務は発生しません。

ですので、たとえ買付証明書の希望価格で売主が売却を承諾したとしても、契約書が締結される段階まで行っていなければ購入をキャンセルしてもペナルティーは発生しないのです。

買付証明書は、不動産購入のための話し合いの場を予約するものだと理解しておけば良いでしょう。

そうはいっても、購入希望者が複数いた場合など、買付証明書は売主にとって交渉の優先順位を判断できる大切なものなので、キャンセルできるからと安易な気持ちでとりあえず提出する、というようなことは無いようにしましょう。

買付証明書に記載される項目

買付証明書に記載する内容は、一般に下記のような項目があります。

・物件内容 (住所、建物名、面積など)
・売買の予定金額 (値引き交渉が有るときは、売買の希望金額)
・住宅ローン利用の有無
・契約予定日
・契約時の手付金の金額
・不動産の引き渡し予定日
・買付証明書の有効期限
・その他の確認、要望事項

ただし、買付証明書には決まった書類や書式はなく、基本さえおさえられていれば、どのように書いても良いことになっています。
もっと詳しく書く場合は、自分の年収や融資を受ける予定の金融機関なども無いように含めます。

買付証明書の提出方法は仲介業者に指定されることが多いので、疑問があったら遠慮なく尋ねてみましょう。