資金調達のご相談

資金調達

資金調達のご相談

不動産投資において、ほとんどの方にとって融資の利用はさけてとおれない道です。
不動産は金額が低くて数百万円から、大きくなると数億円にもおよびます。

なにより現金ではなく融資を利用することによるレバレッジを活かすことこそが、不動産投資の醍醐味だといえます。

現金が大量にある資産家や投資家は利回りが極端に低くても収支と将来の見通しがたてば購入していますが、融資を利用する人は融資の返済計画や出口戦略を考慮した上で、取り組みます。

したがって、不動産投資において物件を選ぶこと以上に金融機関の融資条件や資金調達できるかどうかがもっとも大切だともいえます。
当社では融資を引き出すための方法を常に模索しており、そのノウハウを蓄積しており、当社が選ばれる理由のひとつでもあります。

当社がかかわることで、下記の部分にメリットを提供できる場合があります。

融資項目変化する内容
融資可否断られた融資が可決になることもある。
融資金額自己資金の大小に関わる融資金額が変わることがある。
金利長期的になればなるほど、ノウハウの差が顕著になる。
返済年数築50年近くの案件でも返済15年以上の融資実績もあり。
連帯保証人の有無連帯保証人を問われる金融機関も多いですが、ケースバイケースで避けることができる。

不動産投資のことは何でもご相談下さいませ。